社団法人神奈川県環境保全協議会 社団法人神奈川県環境保全協議会
ホーム 行事案内 協議会紹介 図書等販売 入会案内 お問合せ
サイトマップ 現在位置:ホーム > 環境法規・行政
会員専用
環境法規・行政
環境改善事例
環境話題
しんかんきょう
関連リンク
しんかんきょう100号表紙

環境法規・行政
 
環 境 法 令
マ ニ ュ ア ル
作成 : 神環協法規調査分科会2005/ 2 神環協-HM-01-Rev A
法令名称 水 質 汚 濁 防 止 法 公布 1970/12/25
改正 1996/ 6/ 5
略記略号 法: 法律、令: 法律施行令、則: 法律施行規則、条例: 神奈川県条例、規則: 条例施行規則 PDFファイル (全文)
 
前へ 1-2-3-4-5-6-7 次へ

項  目 概 要 備 考
3.適用を受け
る工場又は事
業場がしなけ
ればならない
こと
3.排出水の汚染状態の測定等
排出水を排出し、又は特定地下浸透水を浸透させる者は、環境省令で
定めるところにより、当該排出水又は特定地下浸透水の汚染状態を測定し、その結果を記録しておかなければならない。
測定の結果は、水質測定記録表(様式第8)により記録し、3年間保存すること。

法14
則9
  4.事故時の措置
特定事業場の設置者は、当該特定事業場において、特定施設の破損その他の事故が発生し、有害物質又は油を含む水が当該特定事業場から公共用水域に排出され、又は地下に浸透したことにより人の健康又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがあるときは、直ちに、引き続く有害物質又は油を含む水の排出又は浸透の防止のための応急の措置を講ずるとともに、速やかにその事故の状況及び講じた措置の概要を都道府県知事に届け出なければならない。

法14-2
  5.公害防止管理者等の選任
「特定工場における公害防止組織の整備に関する法律」により、同法
施行令で定める条件にあてはまる工場・事業場は、公害防止管理者等を選任しなければならない。

 
4.その他 2.罰則
 
  (1)法第8条(計画変更命令等)、第13条第1項(改善命令等)、第13条の2第1項(改善命令等)、第14条の3第1項若しくは第2項地下水の水質の浄化に係る措置命令等)の規定に違反した者 法30
  1年以下の懲役又は100万円以下の罰金


  (2)第12条第1項(排出水の排出の制限)、第14条の2第3項
(事故時の措置命令)、第18条(緊急時の措置命令)の規定に違反した者
法31.1
  6ヵ月以下の懲役又は50万円以下の罰金

 
過失により第12条第1項(排出水の排出の制限)の規定に違反した者 法31.2
  3ヵ月以下の禁錮又は30万円以下の罰金

 
  (3)第5条(特定施設の設置の届出)、第7条(特定施設の構造等の変更の届出)の規定による届出をせず、又は虚偽の届出をした者  
  3ヵ月以下の懲役又は30万円以下の罰金
法32
  (4)第6条(特定施設の使用の届出)の規定による届出をせず又は虚偽の届出をした者、第9条第1項(実施の制限)の規定に違反した者、第22条第1項(報告及び検査)の報告をせず若しくは虚偽の報告 をし、又は検査を拒み、妨げ、若しくは忌避した者 法33
 
20万円以下の罰金
法35
  (5)第10条(氏名の変更等の届出)の規定による届出をせず、又は 虚偽の届出をした者  
 
10万円以下の過料
 

 前へ 1-2-3-4-5-6-7 次へ

  ホーム   行事案内   協議会紹介   図書等販売   入会案内   お問合せ   サイトマップ  
会員専用  会報   環境法規・行政   環境改善事例  環境話題   関連リンク  

© 神奈川県環境保全協議会